通信速度の違いを比較

ポケットwifiにも速度制限は存在し、通信容量を超えてしまうと速度制限がかかってしまいます。ですがこの速度制限は会社によって違っており、速度制限がかかったとしてもそのまま快適に使い続けられる会社も存在しています。例えば速度制限がかかっていても、高画質の動画を見る事が可能なほど通信速度を保ったままという会社もありますし、逆に速度制限がかかってしまうと普通のサイトを見るだけでも時間がかかってしまうという会社もあります。ですからポケットwifiの会社を選ぶ時には、速度制限された時の通信速度を比較して制限があっても快適に利用できる会社を選ぶようにしましょう。

また、会社を選ぶ際に気を付けておきたいのが通信速度です。これはどの会社でも最大の速度がどのくらいかという広告をよく見かけますが、これはあくまで最高の速度であり常にこの速度で通信ができるという訳ではありません。ですが基本的にインターネットを使う場合、そこまで高い通信速度は必要ありませんので、どのポケットwifiを利用してもそこまで通信速度に劇的な差が生じるという事はないので通信速度で比較してもそこまで大きな違いはないでしょう。

どのポケットwifiを利用するのかを考える場合、まずは制限された場合の通信速度を比較しましょう。速度制限されても快適に利用ができるかどうかは、ポケットwifiを快適に使っていく上でぜひ知っておきたい情報です。速度制限された時の通信速度と料金を合わせて比較しておくと、自分の使用頻度に合ったポケットwifiを選びやすくなるのではないでしょうか。

 

速度制限の解除方法

速度制限かかってしまった場合、月間制限では基本的に翌月まで制限がかかったままになってしまいますが、この速度制限を回避する方法もあります。例えば追加料金を支払う事で通信容量を追加し、それによって通常の通信速度に戻すという方法があり、これを利用する事で通信容量を超えてしまっていても通常の通信速度でインターネットを利用する事が可能となります。これは何度でも行えるので、料金を気にしないという人はこういった方法を使って速度制限を回避する事ができます。ただし、会社によってはこの方法では回避できない事もあるので注意が必要です。

また、使用容量が3日間制限となっている場合、速度制限になってしまうのはだいたい1日だけで、さらに追加料金を支払って解除する事もできないので意味がありません。ただ、3日間制限の場合は使用容量そのものもあまり大きくはないので、頻繁に利用するという人は月間制限での利用を選んだ方が良いでしょう。ただし、どうしても使用容量そのものは存在しますから、どうしても速度制限が嫌だという人は使用容量の中でうまくやりくりするしかないという点は覚えておく必要があるでしょう。

使用容量を超えてしまって速度制限となってしまった時に、どうしても翌月の解除まで待てないという人は、追加料金を支払う事で容量を追加して速度制限を解除する事ができます。これは会社ごとに違ってきますが、基本的には何度でも追加が可能ですのでお金を気にしないというのであれば速度制限の解除は難しくありません。ですが、やはり安いという訳ではないので、速度制限をされても快適に使えるポケットwifiを選んだり、容量の中できちんと使う事が良い手段ではあります。